2006年11月29日

ある昼下がり、廃墟にて。

何気なくビデオテープの整理してたら、今は無きIiSAMの面々と出撃した際の映像が発掘されました。 キャプチャーする設備が無いんでUPしませんけどね。

そこにはFaker.Wolf、Jin.Kinasa、Vel.Giasと一緒にミサイル基地に出撃するぱてぃが映ってますた。

敵陣に辿り付くまでミサイルを掻い潜る、それだけの為に、Jin機に背負われたECM。
彼の機体に盾は装備されておらず、MG&SGのダブルガン仕様。

敵アサルトの足をFakerのアサルトライフルが的確に抜き、 その間にPattyが敵のミサイルとセンサーを無力化して後方支援のVelを援護。

敵ミサイルの飛来が無くなった所でVelの高火力ミサイルが本領発揮。
モードシフトを絡めてドカドカ撃ちまくって圧勝。

蒼いフロストの突撃&超連携。
うちら強かったねぇ。敵がぬるかったのかしら。まだPC勢居なかったし。
脳汁と一緒に涙でたYo。

そんなワタクシ、亡命しました(爆。
だってぇ…遊び相手がみんな亡命してO.C.U.行っちゃったんだものー。

↑こんなの作って「U.S.N.愛」を貫いてたボクですが。

孤独には耐えられなかtt
ごめんなさい、Winger准将。

 


 

昨日は昼間からリオンさんとばったり出会って、 二人でラークで遊んでました。
そうすると当然の如く、ガチな機体で出る気が失せるわけで。

よしきた、パボットだ。無駄にアドバンスだ。こいつの為にピンクのカモフラージュ買ったが後悔なんてしない。
ハンマーヘッド(武器腕)が長すぎる気がしなくも無いが、ハタ坊みたいでいい感じ。
もしくは蛸。
そしてRDもサイドステップも出来ない不具合。

だってちびWAP向けのいい足が、アドバンステンダスしかないんですもの。
まったくコレだからO.C.U.は。
はやくフェイズで勝利して、エスプリの効いた欧州WAPの輸入が解禁になる事を願ってやみません。

そしてリオンさんもとっておきの機体で登場。
今回は格闘するピンク蛸のサポート&観戦専用ということで、乙女チックレスキューケロヨン

何気に改造機の為、ノーマルメカBP背負ってローラーダッシュ可能というキモさ。
しかもアドバンスケロヨンなので常に“やぶ睨み”。

 

 

結局、対戦相手は最近流行りのセイバー&パイルバンカー&両肩盾のガチンコ機体ばっかりだったので、ほぼ勝てませんけどね。

リオンさんも書いてますが、もう少し遊び心あってもいいんじゃないかなーと思いますた。

 

相手にとっては、我々みたいな奴等は「もっと真面目にPvPしる!」ってとこなんですかねぇ。
世知辛い。

posted by Patty at 11:40| Comment(6) | TrackBack(0) | FMO雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が入ると「すいません、ネタ機をまだ仕込んでないんですよ」と、どのBGでも言われるのは仕様ですか、そうですか・・・。
たまには普通の機体で戦いたいと思う秋の寒空の下でしt・・・。

またお世話になります(*´Д`*)
Posted by Rion.Rockheart at 2006年11月29日 19:02
初めてカキコいたします
はじめましてアゴと申しますm(__)m
リオンさんのホムペからこちらを覗くようになりはや幾年月
PSUの筋肉少女隊の大活躍
毎回楽しく読まさせていただいてました

ネタ心無い方が少ない昨今
ぱてぃ樣までこちらにおいでになると
OCUの我々がネタで戯れる相手がいなくなりまする
(T_T)
でもまあとりあえず


OCUへようこそ!(゚台゚)

ちなみにPSUでは『アテナ』というネカマです
お会いしましたらなにとぞよしなに(^-^)
Posted by アゴ at 2006年11月29日 22:54
>りおんさん
ガチやりたければいつでもお付き合いしますよー。

実は自分も普通にPvPしたかったり^^。

>アゴさん
いらっしゃいませー♪
馬鹿ブログお楽しみいただけましたでしょうか。

わりとサッサと帰国しようと思ってたら、なんだかパボットにはまって帰りづらくなりました。

敵味方での交流もですが、是非是非、OCUに居るうちに馬鹿プレイ楽しめたらイイナァ。
今後ともよろしくお願いします。

もちろん「アチラ」でもw。
Posted by at 2006年11月30日 19:56
懐かしいねぇ…
いかん、久しぶりにやりたくなってきた(滅
Posted by 狼 at 2006年12月02日 11:40
格闘を望んでおきながら両肩盾担いでくるってのがそもそもどうなのだろう、と疑問に思う。
いつだったか、盾に格闘減殺効果がついたせいで肩盾も物凄い壊しにくくなったのよね。
で、両肩盾同士の格闘戦なんてなると非常にダラダラとしやすいというか……。
まぁそんときゃそんときで如何に集中して片方の盾を狙うか、っていうアルゴリズムが確立する訳なんだけど。
でも個人的にはやっぱり、一撃で状況が一変しうるあの緊張感が好きだったなー。

ま、それはさておき。
ラーク問題ってまだ終結してなかったのか、と思ったのはきっと自分だけではないのだろうな。
ハフマン島に寛容性って言葉が根付くのはいつになるんだろふ。

以上、退役軍人の呟きですた。
Posted by BB at 2006年12月03日 23:54
>狼
遠慮しないでカム!

>BB
肩シールド過信は禁物ヨー。
シールド上等で重ロッド(デカいハンマーみたいなの)振り回されると、わりとあっさり盾が逝きます。
うまい奴は肩盾あろうが無かろうが、確実に足とボディ抜いてくるしね。

ラークは格闘って動きに対して、ほかのところにアサルトの聖地作ろうっていう動きもあったりして。
Posted by ぱてぃ at 2006年12月04日 01:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28524263

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。